Zoom 使い方ポイント

コロナ対策として、4月8日から休業中のSSOLです。
休業期間中、少しでもみなさんのトレーニングのお役にたてるように、オンラインでの基礎トレーニングや、ローラー練習会をZoomを使って行っています。

Zoomはオンラインで参加者全員の顔や声を聴きながらリアルアイムで会議ができるシステムです。

ここではzoomの使い方のポイントの説明をします。

事前準備

スマートフォン、PCが必要です。
スマートフォンはアプリ「zoom cloud meeting 」をダウンロードしておいてください。PCは  https://zoom.us/    にアクセスし、ミーティングに参加する際にソフトウェアがなければインストール画面が出ますので、ソフトをインストールしておきます。

参加するだけなら登録は不要です。

主催者(SSOL)から会議IDとパスワードが送られてきます。
IDとパスワードは毎回変わります。

基本的な流れは

①スマートフォンの場合はアプリを立ち上げ、「会議に参加する」を選択。
②ミーティングIDを入力
③パスワードを入力
④主催者からの参加承認を待つ

これだけですが、この作業の間にいくつか選択画面が出てきます。(出ない場合もあります。)
まず、カメラ、マイクの使用許可です。自分の画像、声を相手に届けるためにiPhone、またはPCのマイクとカメラを使わないといけないのでその使用許可を求めらたら、ここでは両方許可してください。
後から音声、画像を切る事もできます。

次に、音声の送り方です。音声は、電話回線(ダイヤルイン)を使う方法と、インターネット回線を使う方法があります。SSOLの会議ではインターネットを利用する設定にしてありますので、電話を選択できない場合ありますが、どちらかを選ぶ画面になった場合には、「インターネット」もしくは「デバイスオーディオ」と表示されたインターネット回線を使用するを選択します。

PCの場合は通常電話回線につながっていませんので、コンピューターのオーディオ使用で音声をつなぎます。

この後もビデオを利用して参加するかなど再度聞かれる事もありますが、ビデオ、音声は常に許可もしくは利用するを選びましょう。

主催者が参加承認をすると、画面が切り替わります。

表示画面のレイアウトは画面を←にスワイプすると切り替わります。
PCの場合は画面のどこかをクリックすると右上に、スピーカーズビュー(話している人が大きく見える)とギャラリー(全員が並んで見える)。を切り替えるアイコンがあります。

自分の家を見られたくない!

背景を変えられる機能があります。
アプリの場合は、画面をタッチすると↓にこのようなアイコンが出てきますので、右の詳細を選ぶと、その中にバーチャル背景という項目があります。バーチャル背景を選ぶと、すでにアプリに入っている写真(真ん中の写真のアイコン)、自分で撮った写真(+アイコン)から背景を選べます。

PCの場合は画面左下に出てくるビデオマーク右側の^マークを押すとバーチャル背景の選択画面になります。

家にスマホが2台(家族のでも)もしくはPCとスマホがある人は両方でログインして、1台は自分を映すように遠くに置いて、もう一台はトレーナーを見るためにそばに置くという方法もあります。

その場合は、2台のカメラの映像と音をコントロールします。音声はどちらか一方のみオンにしないとハウリングします。
音声とは、自分の声を拾うマイクと、音を聞くためのスピーカーです。スピカ―のオンオフはアプリではなく、PCのスピーカーを切る、もしくはスマホをマナーモードにするなどしてオフにします。

自分を映すスマホまたはPCの方は、
ビデオはオン (自分を映す)
マイクはオフ  (音は拾わない)
スピーカーはオフ  (音は出さない。PCの音もしくはスマホの音を切る。)

近くに置く方は
ビデオはオフ(自分は映さない)
マイクはオン(自分の声は送る)
スピーカーはオン(トレーナーやみんなの声は聴く)

以上いくつか、ポイントを説明しました。
上手に活用してください。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。