低酸素環境でのインターバルトレーニング

低酸素環境でのインターバルトレーニング

プロ格闘家の安谷屋選手。

低酸素環境への順応も進んできたのでより実戦的なハイパワーを繰り返すトレーニングに移行してきています。

最近目に見えて分かるほどにスパーリングの耐久力がついてきたそうです。

低酸素環境のトレーニングは持久系のトレーニングだけではなくハイパワーを繰り返し何回も出す必要がある格闘や球技に非常に有効です

関連記事

  1. 低酸素トレーニングは運動しない人、運動ビギナーにもおすすめの…

  2. 低酸素と健康増進

  3. 2019年ノーベル医学生理学賞は「細胞の低酸素応答の仕組みの…

  4. 模擬高地(低酸素室)で高地合宿と同じような効果を出すには?

  5. 無酸素運動への低酸素トレーニングの効果

  6. 富士山登山と低酸素トレーニング(高地順応)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。